熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

依頼後に病気で死亡。その後ムチ打ちで14級が認定された。

印象深い案件です。

【経緯】

交通事故後、一度他の行政書士に依頼したところ非該当で、しかも書類を紛失され、弊所にご依頼。

その後突然死をされ、遺族のご希望を聞いて、異議申立てを行い、ムチ打ちで14級が認定されました。 

 

死んだ後に、交通事故の後遺症の賠償を求めるのは不思議な感じがしますが、生前の苦痛に対しての慰謝料や逸失利益という考え方ですね。それが相続されるという。

 

そのため相続の手続きなどが必要になり、念書など、通常と違う書類が必要となりました。

 

遺族も喜んでくれて、大変よかったです。

 

(2013年11月)

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com