熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

非該当から左手指可動域制限、痛みで12級になった

【事故態様と経緯】

バイクで交通事故にあい左手指骨折後、痛みと可動域制限が残ったが、非該当で当事務所に依頼。

【問題点】

医師は親切のつもりだったらしいが、症状固定が事故より二ヶ月ほどで申請がされていた。確かにもう治療の余地はなかったのだが、自賠責の基準では症状固定は半年が目安のため、おそらく門前払いで非該当になったと思われる。

【立証のポイント】

西日本病院の医師に意見書を書いてもらい、検査画像上骨の変形癒合があることを立証、他覚的所見が得られたとして「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級に該当。

 

可動域制限は認められなかったが等級としては同じのため、依頼人満足のうちに等級確定。自賠責保険から0円だったところから224万円が振り込まれることになった。後日裁判基準で和解になったとのこと。

(2012年9月)

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com