熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

後遺症の等級認定を受けるには

医療調査付被害者請求

後遺障害診断書の他、当事務所の過去の認定実績・経験に基づく医療調査によって、照会回答書等、事実証明書類を整え、被害者請求を行います。

当事務所の医療調査について

メリット   


当事務所の過去の認定実績を参考にした医療調査に基づく事実証明書類を提出できる手続きの透明性が高い。
等級認定がされると、示談をする前に自賠責部分の賠償額が先に支払われる。
 

デメリット   

費用がかかります(費用対効果を考える必要有り)。

したがって費用対効果を考えるという意味でも、手続きを依頼される前に、まずは相談またはお見積もりをされることをお勧めします。
お気軽にご連絡下さい。
 


当事務所には自賠責保険の後遺障害等級認定手続、異議申立手続に関する豊富な経験と実績があります。その経験の中で、被害者の後遺症の実体を明らかにする「医療調査」が極めて重要であると考えております。いうまでもなく、その「医療調査」は自賠責上意味のあるものでなければなりません。当事務所では、この独自の経験に基づく医療調査を加味した被害者請求による後遺障害手続きを行います。

 

手続きの流れ 詳細 じぶん認定® 通常の
(ヨネツボ式 被害者請求手続
医療調査付 (医療調査なし)
被害者請求手続)
1. お打ち合わせ ご用意頂く資料の確認
 
2. 認定手続方針の考案 過去の事例に基づき認定手続きの方針を考案 ×
 
3. 医療調査 診断書等の医証の読込、医療照会回答書の起案、同意書により直接医師に相談等 ×
 
4. 提出資料の検討 資料を追加すべきかどうか検討 ×
 
5. 書類作成 ※異議申し立ての場合、異議申立書を作成
 
6. 申請 自賠責保険会社(共済)に被害者請求手続きを行います
 
7. 認定結果 認定結果に基づき認定額が決定。
認定額の支払い  


 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com