熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

問い合わせ先:096−385−0028 

フリーダイヤルは0120−177−576 ※スマホユーザーの方はこちらクリックすると電話がかけれます。

損をしないための交通事故後遺障害等級サポート

損をしないための交通事故後遺障害等級サポートとはどのようなことでしょうか。 それをご説明致します 

新着情報 

 

8つのメリット
1 後遺障害等級認定実績多数  2013年10月現在では相談件数320件、依頼件数240件
 むち打ちでの初回請求、異議申立ての当事務所実績認定率は7割を超えております。
最近ではむち打ち以外にも「高次脳機能障害7級」「局部の神経症状12級」「脊柱の変形障害11級」「可動域制限12級」「顔の醜状痕9級」などの認定実績もあります。  
交通事故専門スタッフが担当

 行政書士有資格者の常勤スタッフが3名います。丁寧な電話応対と、若さを活かしたフットワークが自慢です

無料相談、年中無休

  回答もお待たせしません!
   ※面談は夜9時まで   ※事前予約をお願いいたします。

ワンストップサービス!

  提携の社会保険労務士、他士業と障害年金・労災・雇用その他交通事故によるお悩みもワンストップで解決

病院情報医師との面談経験豊富

  話しづらい医師に対して、代わりにお話し致します

弁護士特約が使えます!

  弁護士費用特約がご自分・ご家族の任意保険に付いていれば、費用の心配なくご相談、ご依頼ができます。

安心料金!

 フェアプライス、お客様の利益と比較しての安心料金です。キチンとした見積書、契約書を交付いたします。

8 月1回の定期無料相談会!

  熊本市内の鶴屋東館パレア、森都心プラザといった交通の便のよいところで定期的に無料相談会を行っております。お気軽にどうぞ。

  交通事故 サポート 事例交通事故 依頼者の声

交通事故 よくある質問と回答 

熊本 交通事故 無料 相談会

先生・事務所紹介

 

 山下交通事故行政書士事務所 写真 こんにちは。
山下交通事故行政書士事務所の行政書士 山下洋史(やましたひろし)です。

当事務所の理念は「人助け」です。
感謝される事が何よりの喜びです。 
当事務所はお客様に丁寧な電話、メール応対を心がけ、少しでも悩みを解決できるように努力して参ります。 

 

解決までの流れ

 事故発生→事故後の対応→治療→症状固定→後遺障害を立証する為の各種検査、後遺障害等級申請書類の作成→異議申立て→納得の行く後遺障害認定後に損害賠償の請求を開始

 

後遺障害の例

  頭部

後遺障害の例 頭部 高次脳機能障害 1
高次脳機能障害 2
外傷性てんかん
めまい
視覚・聴覚・嗅覚・味覚の障害
非器質性精神障害(うつ、PTSD等)にかかる後遺障害 1
非器質性精神障害(うつ、PTSD等)にかかる後遺障害 2

   全身(前)

後遺障害の例 前  
頭部・顔面・頸部の醜状障害
胸腹部臓器
脊柱及びその他の体幹骨
上肢の障害(手指を含む)
上肢のシビレ・下肢のシビレ

 

 

   全身(後)

後遺障害の例 後  
 
頚椎捻挫・腰椎捻挫
脊髄損傷
下肢の障害(足指を含む)
 

 

 

 

 

実績&活動

整形外科、整骨院での交通事故後遺障害の講演活動を行なっております。

病院での自賠責セミナーの様子 講演活動を行ない交通事故の被害者の方々のケアの広報活を行なっておりす。
大変ご好評いただきありがとうございました。これからも交通事故後遺障害の
残された方々のために尽力してまいります。
  せんだメディカルクリニック院長の千田先生の紹介記事はこちら

 

相談会の取材記事

交通事故無料相談会の新聞取材記事 「相談会の取材記事(熊本日日新聞)」
 

  

コンテンツ紹介
 弁護士特約、法律相談補償特約について
 後遺障害等級認定の結果
 保険会社からの治療費打ち切り通告にどうするべき?  自賠責の被害者請求の必要書類
 交通事故の判例
 被害者請求と事前認定について
 あなたが等級をとれなかった5つの理由:異議申立について考えてみる  認定結果の異議申立
 ひき逃げ、加害者保険未加入の際に使える政府保障事業について
 交通事故損害賠償金額・慰謝料参考例

 

更新情報

全国対応。熊本市全域、熊本市中央区、北区、東区、南区、八代市、玉名市、合志市、菊池市、などなど熊本市近隣は直接対応。また福岡、大分、長崎、佐賀、宮崎、鹿児島からのお問い合わせも直接対応しております。東京、大阪、福岡久留米、博多、北九州市、大分大分市、熊本県玉名いずれも近辺は協力行政書士がおりますのですぐに、熊本まで足を運ばず面談ができます。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com