熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

目に見えやすい後遺障害

醜状障害

交通事故によって、顔面または上肢・下肢の露出面に目立つほどの傷跡が残ってしまった場合、これを醜状障害といいます。

「著しい醜状を残すもの」

 第7級12号として認定される外貌の醜状障害における「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、以下のものを指します。

頭部 手のひら大(指の部分は含まない。以下同じ。)以上の瘢痕または頭蓋骨の手のひら大以上の欠損
顔面部 鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没(線状痕は10センチメートル?)
頸部

手のひら大以上の瘢痕

 

 「相当程度の醜状」

 第9級16号として認定される外貌の醜状障害における「相当程度の醜状」とは、原則として、顔面部の長さ5㎝以上の線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。

 この「人目につく程度以上」かどうかという点を判断するため、自賠責保険では被害者と面接し、醜状の程度や部位を確認します。そして、瘢痕などが眉毛や頭髪等に隠れる部分については、これを醜状とは取り扱わないものとします。

当事務所の実績として、顔面部分の5センチメートル以上の線状痕で9級認定を取得したものがありました。

線状痕といっても簡単ではなく、どこから計測するか、どこまでがシワなどが?などといった微妙な線引があります。

 

「醜状」

 第12級14号として認定される外貌の醜状障害における「醜状」とは、原則として、以下のものを指します。

頭部 鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
顔面部 10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3㎝以上の線状痕
頸部 鶏卵大面以上の瘢痕

当事務所にはこのような方が相談にこられます。
  1. 額の生え際に傷跡が残ったが、等級認定されるか。

  2. 子どもが交通事故に会い、頭に傷が残ったが等級認定されるか

実績

熊大の医師の診断書、自賠責調査事務所の面談にも立ち会い、様々な立証を行った結果、5センチメートル以上の線状痕で9級が認定

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com