熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

 

症状固定とは

 「症状固定」とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた医療(基本的に実験段階または研究的な過程にあるような治療方法は含まれません)を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態、つまりその傷病の症状の回復・改善が期待できなくなった状態のことです。
よって、「傷病の症状が、投薬、理学療法等の治療により一時的な回復がみられるにすぎない場合」など症状が残存している場合であっても、医療効果が期待できないと判断される場合には、「症状固定」とし、残った症状についてはこれを後遺症と考え後遺障害等級認定申請をすることになります。

症状固定とは

症状固定解説

 この一進一退の状態が、まさに「症状固定」の状態といえます。
そして残った症状を「後遺症」といい、その「後遺症」が「後遺障害等級」として評価されるものかを手続きによって申請することになります。

 また、「症状固定」を賠償関係から見た場合、それは賠償期間の終期を意味します。
つまり、「症状固定」を行うと治療期間が確定され、以後の治療費は基本的に請求できなくなります。

損害の全体像

症状固定と賠償

 以上ご説明したように、「症状固定」は医学上の問題だけでなく、賠償関係における問題も含むため、被害者にとっては極めて大事なタイミングと言えます。
お医者様の意見もよく聞いて決めていく必要があると思います。

 よく問題になるのは、症状固定後の治療についてですが、症状が依然として残っており、リハビリ等で一時的にでも症状が改善する場合などは、健康保険を使用して治療を受けることが出来ます。

残った症状つまり後遺症は持病(私傷病)と同じ扱いになります。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com