熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

自賠責傷害部分のみの被害者請求

保険会社と過失割合などで揉めていたり、相手が任意保険に入っていなかったり、整骨院が治療を自賠責に請求したり、といった傷害部分のみの被害者請求も3万円(税別)で承っております。

整骨院向けのサービスとして費用請求の際のアドバイスなどもあります。

顧問契約と、ともにご検討ください

 

整骨院が自賠責に被害者請求する際の問題点

時々相談があるのですが、整骨院、整体院が交通事故被害者の代理人となって自賠責に被害者請求をしたいという問い合わせがあります。

2つ問題点があります。

まず倫理的な問題です。治療をする人が交通事故被害者の印鑑証明書を預かったり、傷害部分の慰謝料を一時的にでも預かるのは問題があります。

次に保険会社との関係においてです。一度や二度でしたら被害者請求をされても問題ないでしょうが、何度もされていると、保険会社の見る目はどうでしょうか?

保険会社のモラリリスク治療院のリストに載ってしまうとその後その保険会社の支払いは厳しくなり、経営を圧迫することでしょう。

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com