熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

目に見えにくい後遺障害

上肢のシビレ・下肢のシビレ

頚椎捻挫後の上肢のシビレ・腰椎捻挫後の下肢のシビレの認定は、非該当、14級9号(旧14級10号)・12級13号(旧12級12号)に分かれます。
12級は「局部に頑固な神経症状を残すもの」で、医学的に「証明可能」なものとされており、他覚的所見があるものを言います。
14級は「局部に神経症状を残すもの」で、医学的に「説明可能」なものとされており、たとえ他覚的所見がなくても、受傷態様及び治療の継続性等を勘案して総合的に認定されるものです。

また、脊髄症状のために四肢に麻痺がある場合、神経症状として、9級以上の認定がされるケースもあります。

当事務所にはこのような方が相談にこられます。
  1. 腰椎捻挫後、腰の痛み・足のシビレがひどく、重いものを持ったり、運転をしたりするのが辛く、仕事に支障があるが“非該当”とされたので、納得できない。
  2. 自営業(手を使う仕事)をしており、頚椎捻挫後の手のシビレにより、今まで通りの仕事ができなくなった。
    14級が認定されたが、これでは評価が低いと思うので、異議申立手続きをしたい。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com