熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

目に見えにくい後遺障害

後遺障害等級表における脊髄の障害の評価
障害系列/障害序列 神経系統の機能または精神の障害
別表第一 第1級 1号 せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの
以下のものが該当する。
  1. 高度の四肢麻痺が認められるもの
  2. 高度の対麻痺が認められるもの
  3. 中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
  4. 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
第2級 1号 せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時介護を要するもの
以下のものが該当する。
  1. 中等度の四肢麻痺が認められるもの
  2. 軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
  3. 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
別表第二 第3級 3号 生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のために労務に服することができないもの
以下のものが該当する。
  1. 軽度の四肢麻痺が認められるもの(別表第一第2級1号のbに該当するものを除く。)
  2. 中等度の対麻痺が認められるもの(別表第一第1級1号のd又は別表第一第2級1号のcに該当するものを除く。)
第5級 2号 せき髄症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの
以下のものが該当する。
  1. 軽度の対麻痺が認められるもの
  2. 一下肢の高度の単麻痺が認められるもの
第7級 4号 せき髄症状のため、軽易な労務以外には服することができないもの
一下肢の中等度の単麻痺が認められるものが該当する。
第9級 10号 通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、労務可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
一下肢の軽度の単麻痺が認められるものが該当する。
第12級 13号 通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、多少の障害を残すもの
運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すものが該当する。また、運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるものも該当する。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com