熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

成年後見・任意後見制度について

重い後遺障害を負った場合、成年後見制度や、任意後見制度が問題になってくることがあります。

これは保険会社がすすめてくることもよくあります。

成年後見制度は目安として、自賠責2級ほどから、使えることになります。

成年後見制度は、かなり大変です。一般のかたがやるには相当の労力がかかります。何しろいちいち、お金の出入りがあるたびに、裁判所に家計簿のようなものを提出することになります。

成年後見を弁護士事務所などに依頼する場合は、報酬の目安としては月に2万〜5万といったところです。

 

任意後見制度の場合は、将来の成年後見制度を利用するという予約のようなものです。

 

ですので今現在、認知症が確実であるとは言えないけど、判断能力に不安があるのでどこか、誰か信用できる人に色々(契約や、お金の出入りやら)を任せたい、ということでしたら、委任契約を一緒に結ぶこととなります。

 

 

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com