熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

後遺障害が認定されても生命保険に入れるの?

交通事故で後遺症が認定されてしまったら生命保険に入れないのでは?とご心配される方が多くいらっしゃいます。

しかし、認定されたからといって加入できなくなるわけではありません。
 
保険契約の基準は保険会社によって異なりますので、あくまで一般論としてお考え下さい。
 
一般的には後遺障害が認定されると、その部位が原因となって生じた疾病・傷害による死傷に関しては生命保険は支払われなくなるという一定の制限があります。
 
それ以外の部位については通常通り支払われます。つまり、条件付きで加入するということになります。条件が付いても保険料は普通に加入する人と変わりません。
 
しかし、実際は生命保険が支払われるかどうかの審査をする時には、それが同じ部位かの判断をすることが困難な場合もあります。
このように、後遺障害が認定されると加入金額の制限や一部の特約について一定期間の付加ができないなど、加入する際に制限がかかるようになりますので全く入れなくなるという訳ではありません。
 
ただ、障害の程度によっては制限なく加入できる場合もあります
 
また、支払われると思い保険に加入しても実際に請求したら支払対象外と言われ、保険金を受け取れなかった…などというケースもよく耳にします。そのようなことにならないためにも、新たに加入する際には、生命保険代理店や営業マンなどにしっかり現状を伝え、十分な説明を受けるようにし、ご自分にあった保険に加入するようにしましょう。
 
もし保険の加入を考えるのであれば、事前に検討対象の保険会社に相談されることをお勧めします。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com