熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

目に見えやすい後遺障害

脊柱及びその他の体幹骨の障害

脊柱の障害については、変形障害運動障害に分類をされています。脊柱とは頚椎から下に胸椎、腰椎、仙骨、尾骨までを言います。

変形障害 その脊柱に変形があった場合をいいますが、その程度によって、6級・8級・11級にわかれます。
運動障害 広範な脊椎圧迫骨折などに基づく脊柱の硬直などの為運動可動領域に制限が残るか、又は、著しい荷重障害が残る場合をいいます。
程度によって、6級と8級にわかれています。

その他の体幹骨の障害とは、鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤骨に著しい変形が残った場合で、裸体になった時、変形が明らかに分かる程度のものをいいます。
等級としては12級として認定されます。

意外と医師の見落としも多いです。ご自分で「ちょっと変形したぐらいだから・・・」と思わずにご相談ください。12級、あるとないでは大違いです。

特に鎖骨は変形障害が残りやすいです。肋骨は綺麗に治ることが多いです。

当事務所にはこのような方が相談にこられます。
  1. 交通事故(自転車)によって仙骨を骨折した。医者からは変形して癒合したといわれ、重い物を持つ事ができなくなった。
  2. 交通事故(オートバイ)によって鎖骨を骨折した。骨折した部分が突起をした状態で癒合してしまった。

現在脊柱の変形傷害で12級から異議申立てで7級を目指している案件があります。これは運動障害を認定してもらう必要があります。脊柱の運動障害については、角度が大変複雑な計算となります。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com