熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

高次脳機能障害について

高次脳機能障害の立証について、行政書士が担う役割1

高次脳機能障害の立証について、行政書士が担う役割2

高次脳機能障害について

高次脳機能障害とは、脳が損傷を受けたことにより、脳機能にさまざまな影響が出てしまっている状態を指します。 中でも交通事故をきっかけにこの高次脳機能障害を引き起こすケースが多いのですが、脳という見えない部分であるため、どこまでが高次脳機能障害であるのかの判断が難しく、事故後の対応について多くのご相談が寄せられています。

高次脳機能障害の立証について、行政書士が担う役割1

当事務所では、昨年から数件の高次脳機能障害に関するご相談をいただいており、 結果が出ているものでは5級と7級を獲得しています。 以下、高次脳機能障害が認定されるために重要なポイントを申し上げます。

高次脳機能障害の立証について、行政書士が担う役割2

当事務所では、昨年から数件の高次脳機能障害に関するご相談をいただいており、 結果が出ているものでは5級と7級を獲得しています。 以下、高次脳機能障害が認定されるために重要なポイントを申し上げます。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com