熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

 交通事故などによる高次脳機能障害と認定されうる等級は、「4つの能力」の喪失の程度により、分類されています。

 

「4つの能力」とは

① 意思疎通能力(記銘・記憶力、認知力、言語力等)
 例えば職場や学校などで他人とのコミュニケーションを適切に行えるかどうか。

② 問題解決能力(理解力、判断力等)

例えば与えられた業務や課題などに対する指示や要求されている水準を理解して円滑に業務や課題が遂行できるかどうか。

③ 作業負荷に対する持続力・持久力(意欲や集中の持続力)

一般的な就労時間に対処できるだけの能力が備わっているかどうか。
その際に意欲や気分の低下があるか、倦怠感や疲労感の程度なども含め判断されます。

④ 社会行動能力(協調性等)

職場や学校などにおいて他人と円滑な共同作業、社会的行動ができるかどうか。感情のコントロールや適切ではない行動の頻度について判断されます。

 

「喪失の程度」による分類

第1級 就労不能で常時介護を要するもの
第2級 就労不能で随時介護を要するもの

※第1級、第2級は喪失の程度では分類されておりません。 

第3級3号
(大部分喪失)
「4つの能力」のいずれか1つ以上の能力の全てが喪失しているもの
「4つの能力」のうちいずれか2つ以上の大部分が喪失しているもの

第5級2号
(半分~大部分
程度喪失)

「4つの能力」のうちいずれか1つ以上の能力の大部分が喪失しているもの
「4つの能力」のうちいずれか2つ以上の能力の半分程度が喪失しているもの
第7級4号
(相当~半分程度喪失)
「4つの能力」のうち、いずれか1つ以上の能力の半分程度が喪失しているもの
「4つの能力」のうち、いずれか2つ以上の能力の相当程度が喪失しているもの
第9級10号
(相当程度喪失)
「4つの能力」のうち、いずれか1つ以上の能力の相当程度が喪失しているもの
第12級13号
(多少喪失)
「4つの能力」のうち、いずれか1つ以上の能力が多少喪失しているもの
第14級9号
(わずかな喪失)
「4つの能力」のうち、いずれか1つ以上の能力がわずかに喪失しているもの


 

等級の認定について

脳の器質的な病変があるどうか(MRIやCTなどの画像データに基づく測定)
上記の「4つの能力」の喪失の程度
神経心理学的な各種試験の結果

などにより後遺障害の等級が認定されることになります。

 

もっと詳しくご覧になりたい方はこちらです。

交通事故による寝たきりのため、認知症が進行した場合

子供の高次脳機能障害

熊本の高次脳機能障害の判断、家族会などの情報

 


 


 


 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com