熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

後遺障害等級の認定とは

自賠責で後遺障害等級に認定された際の効果についてご説明致します。

後遺障害慰謝料・逸失利益の算出根拠

 第一に、等級認定は後遺障害部分の損害としての後遺障害慰謝料、逸失利益を算出する有力な根拠となります。

【損害の全体像】

  1. 後遺障害慰謝料=後遺障害が残存した事による精神的慰謝料
    自賠責基準・任意保険基準・裁判基準等があります。
  2. 逸失利益=労働能力喪失による経済的損失
    計算式は次の通りです

    基礎収入(年収など) × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

 参考までにムチ打ち症で14級が認定された専業主婦の後遺障害部分の損害をいわゆる「赤い本」基準で計算すると次のようになります。

逸失利益:3,432,500円(※1) × 5%(※2) ×4.3295(※3) =743,050円
後遺障害慰謝料:1,100,000円
合計:1,843,050円(自賠責保険における14級の保険金額75万円を含む)

(※1) 賃金センサス平成18年第1巻第1表の産業計、企業規模計、学歴計、女性労働者の全年齢平均賃金額
(※2) 14級の労働能力喪失率
(※3) 5年に対応するライプニッツ係数。ライプニッツ係数とは中間利息を控除する係数。むち打ち症で14級の場合5年以下に制限されることが多いといわれています。

自賠責の限度額の先取り

 第二に、後遺障害等級に認定されると後遺障害部分の賠償のうち、自賠責の限度額を先取りすることもできます。被害者請求の場合は認定されると、指定口座に振込まれます。

 自賠責の限度額については、示談をすることなく先に受け取ることが可能なわけです。自賠責の限度額については、後遺障害等級によって異なります。

 14級は75万円、12級は224万円という具合です。自賠責の限度額は120万円という話を聞いたことがある方は多いと思いますが、こちらは傷害(ケガ)の部分の限度額です。

 実際にはこの先取りできるというメリットは、非常に役に立ちます。

 先立つものがなくて、弁護士に依頼できないという人も、自賠責の限度額を先取りすることで着手金を用立てることができ差額の請求を弁護士に依頼することも出来るからです。

各種保険金・共済金の請求

 第三に、後遺障害等級を得ることによりご自身の乗られていた自動車に付帯されている搭乗者傷害保険の後遺障害保険金など各種の後遺障害にかかる傷害保険金、共済金などを請求できます。

 搭乗者傷害保険については、入・通院部分の保険金請求を忘れることは少ないのですが、後遺障害部分については事故から時間が経っているため忘れてしまうことが多いです。

1,000万円の掛け金の場合、12級で10%つまり100万円が請求できます。そのほか、入・通院の費用を目的に加入した共済なども後遺障害部分の請求忘れが意外と多いです。

 等級に認定されたらいろいろな証券を見ることを忘れないでください。弁護士特約のチェックも重要です。

 

自賠責後遺障害等級の併合、相当、加重について

仮に別部位で等級が認定されても併合で等級が上がらないケース

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com