熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

後遺障害等級 取得の目的は?

全くご自身に過失がなくても、交通事故は起こります。治療に専念しても、後遺症が残ってしまうこともあります。お仕事や日常生活にも支障がでてきてしまうこともあります。

後遺障害は症状が残った部位や程度により1級から14級まで分かれていて、この後遺障害等級に該当するかどうかを申請することになります。

 では、なぜ後遺障害の等級認定の手続をするのでしょうか、、、それはその後の損害賠償に反映させる事が目的だからです!

後遺障害等級が認められれば、等級に応じた後遺障害分としての損害も確定し(例えば14級の「局部に神経症状を残すもの」と認定されれば、自賠責保険金額として最高75万円)、傷害分を合わせた賠償請求をすることになります。

 

 

後遺障害はどのくらい認定されているの?

出典元:社団法人日本損害保険協会 2009年度データ

 全体としてはおおよそ5%。

たった5%の人が等級認定を取得するという非常に狭き門です。

この現状では、任意損害保険会社に任せていては、等級認定を得ることはとても難しいといえるでしょう。

正当な補償を受けることを保険会社任せにする前に、専門家に相談してみてはいかがですか?

 

後遺障害の等級について 

後遺障害認定の効果 

後遺障害等級と後遺障害慰謝料

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com