熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

後遺障害等級認定によってこんなに違う賠償額

 下記のように等級の有無や軽重は後遺障害部分の賠償額の計算に繋がります。

モデル1|後遺障害等級認定の効果

被害者 女性35歳
職業 専業主婦
年収 3,499,900円
(賃金センサス平成20年第1巻第1表、産業計、企業規模計、学歴計、女性労働者全年齢平均賃金額)
事故態様 追突事故
過失割合 被害者0、加害者100
傷病名 頸椎捻挫
後遺障害 頚部痛、左上肢痺れ、握力低下
通院期間 180日
実通院日数 90日
  後遺障害非該当 後遺障害14級9号 後遺障害12級13号
後遺障害慰謝料 0円 110万円 290万円
後遺障害逸失利益 0円 約75万円 約378万円
合計 0円 約185万円
(内75万円は自賠責)
約668万円
(内224万円は自賠責)

※あくまで参考です。個別具体的には、弁護士にご相談ください。

モデル2|後遺障害等級認定の効果

被害者 男性30歳
職業 会社員
年収 5,500,000円
事故態様 青信号横断中にはねられる
過失割合 被害者0、加害者100
傷病名 脳挫傷
後遺障害 高次脳機能障害
  非該当 9級10号 7級4号 5級2号 3級3号
慰謝料 0円 690万円 1000万円 1400万円 1990万円
逸失利益 0円 約3217万円 約5147万円 約7261万円 約9191万円
合計
(内自賠責)
0円 約3907万円
(616万円)
約6147万円
(1051万円)
約8661万円
(1574万円)
約1億1181万円
(2219万円)

※あくまで参考です。別個、具体的には弁護士にご相談下さい。

 また等級認定がされると、自身の乗っていた自動車に付保されている搭乗者傷害保険に後遺障害保険金を請求できます。以下、保険金1,000万円の場合の後遺障害保険金をご紹介致します。

等級 保険金 等級 保険金
14級 40万円 13級 70万円
12級 100万円 11級 150万円
10級 200万円 9級 260万円
8級 340万円 7級 420万円
6級 500万円 5級 590万円
4級 690万円 3級 780万円
2級 890万円 1級 1000万円

 上記のように、等級認定は相手に対する賠償のみだけでなく自身の保険の支払額にも関係してきます。

 以上の通り、交通事故問題の解決において、等級認定の効果はとても大きなものです。したがって等級認定手続きは、事故解決のための重要な手続きの一つといっても過言ではありません。また、被害者請求により等級認定を求めれば自賠責部分を示談前に先取りすることもできます。是非、経験と実績のある当事務所にご相談ください。

 後遺障害等級認定のデメリット

 まれに「後遺障害等級が認定されたら何か生活に支障をきたすんでしょうか?」と心配される方がいらっしゃいます。何もありませんのでご安心ください。障害者手帳などはまた別の制度です。

 

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com