熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

健康保険について

 もし不慮の事故に遭い体に怪我を負ってしまった場合、病院へかかるのはもちろんですが、この時、治療費の支払いについてどのように保険を使うべきかお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 
相手に完全なる過失があり、治療費をすべて負担して貰えるようなケースであれば心配ありませんが、過失の割合が20:80などの自己負担がある場合には注意が必要となりますのでここで確認していきましょう。
 
はじめに、事故での保険といえばまず自賠責保険を思い浮かべるのではないでしょうか?
 
自賠責保険は120万円までの治療費の場合に利用することができます。
この為、少しの怪我でしたら自賠責保険の範囲で賄うことが可能です。
 
しかし、入院を伴うような確実に120万円を超えてしまうような事故や、通院が長引きそうな場合は他の手段を選ぶ必要があります。
 
なぜなら、自賠責保険での通院は健康保険が適用されない自由診療となりますので、通院が長引いて120万円を超過してしまった場合には大きな出費となってしまうことがあるのです。
 
それでは健康保険ではどうでしょうか?
 
仮に、自由診療で200万円かかる治療費だったケースでは、健康保険を使用することによって支払いを半額の100万円で済ませることができます。
 
病院によっては事故の場合は自由診療になると言われる場合があるそうですが、事故での健康保険の使用は国で認められておりますのでご安心ください。
 
さらに、この治療費の違いが損害賠償の金額にも反映されていきます。
 
例えば、先ほどのように治療費が200万円、それとは別で慰謝料などが250万支払われることになった場合です。
 
この時に相手80:自分20の過失割合であるケースですと、自由診療の場合は医療費の200万円+慰謝料などの250万円を合わせた450万円×80%の360万円の支払いを受け取ることが出来ます。
 
この360万円から治療費の200万円を支払いますので、手元には160万円が残ることになります。
 
次に健康保険の場合です。
 
健康保険の適用で100万円になった治療費ですが、自己負担額はこの金額から3割となりますので30万円を支払うことになります。
 
この医療費の30万円と慰謝料などの250万円を合わせた280万円×80%の224万円を相手から受け取ることが出来ます。
 
ここから治療費30万円を支払いますので、手元には194万円が残ることになります。
 
 
つまり、受け取り金額では自由診療が360万円、健康保険では224万円と大きな差があるように感じますが、治療費を支払った後、実際手元に残る金額では自由診療では160万円、健康保険では194万円と、健康保険を使用した方が多くのお金が残ることになるのです。
 
この他に、労災保険を使用した場合ですが、労災保険では被害者側が治療費を支払う必要がありませんので、治療費を除いた慰謝料などの250万円から×80%の200万円を受け取ることが出来ます。
 
このように、同じ事故でも選ぶ保険によって手元へ残る金額が変わってきます。
自分の事故のケースでは、どの選択がベストなのかを最初に考えておきましょう。
 
判断が難しい場合には、事故専門のプロである私たちへいつでもご相談ください。
 

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com