熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

目に見えやすい後遺障害

下肢の障害(足指を含む)

足指の障害の分類としては、欠損障害機能障害変形障害短縮障害の4種類があります。

欠損障害 下肢を失った場合をいいますが、その程度によって1級・2級・4級・5級・7級にわかれています。
機能障害 例えば下肢の3大関節が完全に硬直した場合とか、関節の運動可動領域に制限が残った場合など、下肢の機能に障害が残った場合をいいます。
程度によって、1級・5級・6級・8級・10級・12級にわかれています。
変形障害 下肢に偽関節を残した場合とか、骨折後変形癒合して大腿骨がわん曲してしまった場合などをいいます。
程度によって、7級・8級・12級にわかれています。
短縮障害 下肢の長さが短縮した場合をいいます。短縮した長さによって、8級(5cm以上)、10級(3cm以上)、13級(1cm以上)にわかれています。

足指の障害の分類としては、欠損障害機能障害があり、内容・程度により等級が細分化されています。

当事務所にはこのような方が相談にこられます。
  1. 交通事故によって足関節(足首)を骨折した。骨は癒合したが、足首が思うように曲がらず、歩行にも支障がある。
  2. 交通事故によって膝関節を骨折した。医者から、将来、人口膝関節を挿入しなくてはならないかもしれないといわれた。
  3. 交通事故によって右大腿骨を骨折し、足の長さが左に比べて短くなった。
  4. 交通事故によって股関節を骨折した。骨は癒合したが、医者から、将来的に脱臼しやすくなるかもしれないといわれた。
  5. 足指の1本が、全く動かなくなり、歩行が不便となってしまい、営業の仕事に支障が出るようになった。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com