熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

「自動車保険が自転車事故に使える?」

 近年問題になってきているのが自転車による事故です。

自転車愛用者の増加もあり、事故件数とその損害金額の両方が増加傾向にあります。
自分では十分に気を付けているつもりでも防ぎきれないケースもあります。
そんなまさかの時に役立つのが自動車保険です。
加入している自動車保険の内容によっては自転車事故であっても補償を受けることができます。
 
自分が被害者になった場合には人身傷害補償保険の内容を確認してみましょう。
人身傷害補償保険は多くの自動車保険に初めから組み込まれていることが多くなっています。
しかし内容や対象範囲などは各保険会社によって違いがあります。
予め確認しておくことも大切です。
ここでキーワードになるのが「契約車両以外の他の交通乗用具や歩行中も補償される」かどうかです。
自分が自転車に乗っている時に補償されるのか、歩行していても補償されるのかといった視点で確認すると良いでしょう。
 
これらのケースに当てはまっている場合、自転車事故などで後遺障害に相当する症状となった時に後遺障害の申請を行うことも可能になります。
医師による診断などの条件を満たしている場合には是非とも活用したいものです。
 
万が一加害者になってしまった場合は故人賠償責任保険がついているかどうかが重要になります。
保険会社によって名称が異なる保険で自動車保険においては特約になっていることが多くなっています。
名称だけで判断出来ない場合には担当者などに確認してみると良いでしょう。
この保険特約のメリットは自転車事故に限らず、デパートなどでの商品の破損やペットによる怪我などにも対応している点にあります。
更には示談交渉なども行ってくれるので頼りがいがある特約だと言えます。
火災保険や傷害保険にセットになっていることも多いので併せて確認しておくと良いでしょう。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com