熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

自損事故で後遺障害が認定された場合の主な支払額

自損事故でも後遺障害が認定された場合は、同様に保険金が支払われます。認定された場合の主な支払額についてまとめました。

東京海上日動の場合

後遺障害等級別保険金支払額表

1.    介護を要する後遺障害

後遺障害の等級

後遺障害保険金支払額

1

2,000万円

2

1,500万円

 

2.上記以外の後遺障害

後遺障害の等級

後遺障害保険金支払額

1

1,500万円

2

1,295万円

3

1,110万円

4

960万円

5

825万円

6

700万円

7

585万円

8

470万円

9

365万円

10

280万円

11

210万円

12

145万円

13

95万円

14

50万円

※参考:東京海上日動火災保険株式会社HP(ご契約のしおり)

なお、お支払いの詳細については各保険会社や約款等をよくご確認下さい。

 

これも自賠責と同じように、医師に後遺障害診断書を書いてもらい、保険会社に送付すると、保険会社は自賠責と同じように損保料率機構に審査にだします。

つまり、自損事故も対人事故も同じ仕組みで後遺障害の等級認定をします。

 

自損事故でも医療保険などに別途入っていた場合はそちらからも保険金がでるので、やはり後遺障害等級は大事です。

 

安易に示談される前にぜひご相談ください。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com