熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

交通事故紛争処理センターについて

交通事故の判例

自転車事故

死亡事故の手続き

歩行者が交通事故にあった場合に使える保険について

自損事故について

車の当て逃げの対処法について

外国人の交通事故について

交通事故のとき・・・・労災と自賠責、どちらを使う?

 

 

 

 

 

自転車事故

あなたの自転車運転ほんとうに大丈夫?

交通事故紛争処理センターについて

交通事故紛争処理センターについて

交通事故の判例

交通事故の判例

死亡事故の手続き

死亡事故の手続き

交通事故のとき・・・・労災と自賠責、どちらを使う?

通勤中や、勤務時間中に交通事故に遭った場合、保険を使うことになります。 このとき、使える保険に「労災保険」と「自賠責保険」があるのは、よく知られています。 両方使えるの? という疑問をよく聞かれますが、残念ながら、これらの保険は両方併用して使うことができません。

歩行者が交通事故にあった場合に使える保険について

運転中でない事故でも自動車保険が支払われる?~人身傷害保険~ ご存知でしたか?自動車保険のなかでも、運転中の事故でなくともカバーしてくれる商品があったのを・・!! それは、人身傷害保険という商品です。この保険に加入すると、歩行中や自転車での事故の場合でも保険金が払われる場合があります(保険会社、契約内容にもよります)。 今回は「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違うのか?をお話ししていきましょう。

自損事故について

交通事故にもいくつか種類があります。 そのうちのひとつ、〈自損事故〉といえば、物を相手に交通事故を起こして自分に損害が出た場合の事故を指します。 単独事故、と呼ぶこともあります。 自分の過失により、ガードレールや電柱にぶつかってしまうような事故のことですね。 この自損事故を起こしてしまった場合、当事者としてどのように対処すればよいでしょうか?

車の当て逃げの対処法について

外国人の交通事故について

こんなときにも弁護士特約が使えます ・外国の方が事故を起こした場合 「外国人」というだけで、なにか特別なことを想像してしまいますが・・・そのとおりです。 原則的として、国籍を保有している国の法律が、準拠法とされています。 ほかに、在留資格の問題・日本における将来の在留期間の長短・日本や本国における就労の可能性・本国等の物価水準や所得水準、そして、死亡事故については、遺族の主たる生活基盤がどこの国にあるか、婚姻の効力・夫婦財産制・離婚・親子間の法律関係、後見・保佐、相続、遺言などの単位法律が関わってきま

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com