熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

交通事故にあった場合に通う病院の見分け方

交通事故に遭った時の様々な対処法
 
車を運転する上で交通事故は、誰もが遭遇する確率があります。「車対車」という対物事故の場合、殆ど、人身事故とならないケースが高いです。どちらかに大きな外傷があれば直ぐに救急車や警察を呼びます。
 
しかしながら、その時は異常を感じず、数日経ってから身体に違和感を感じることがあります。それは、「むちうち」「捻挫」「首の痛み」などが主となりますが、中には「後遺症」となり、何年も苦しむ場合も少なくありません。
 
そういう時に、何処に行けば良いでしょうか「病院」、「整体院」「整骨院」などが選択肢となると思います。ご家族やご友人からの紹介で、「病院」に行く事を決める方が殆どだと思います。
 
お勧めなのは「国家資格を有する(国家資格所有者)」「病院」と、「整骨院」です。先ほど述べました「整体院」の「整体師」は、「民間資格保有者」です。もちろん腕の良い整体師も全国には沢山いますが、総合的な保険が適用され、細部まで調べてくれる「病院」か「整骨院」が良いです。
 
事故での外来の場合、病院は「整形外科」を受診するのが通例です。レントゲンによる目に見えない場所の診察、薬物療法、触診を行いながら、治療を行います。「整骨院」の場合は、「早期の回復」「むちうち」「怪我」の診療を受ける事ができます。
 
病院のメリットは多様な医療機器を使用して確実な診察を行ってくれます。デメリットとしては長い待ち時間と、短い時間での診察、治療となります。逆に整骨院の場合は、個人に合わせたじっくりとした治療を行ってくれます。デメリットは設備が病院に劣るところです。
 
病院と整骨院を併用して通院するのが、一番良いと言われています。しかしながら、もし後遺症が残った時に、整骨院では「後遺症害診断書」を書いてもらえません。ですので、まず最初は病院で診察を受けましょう。
 
また弁護士に相談する場合は、通院中が良いです。理由は、治療中の方が適正な金額を賠償してくれるように弁護士が一番動きやすいからです。事実、統計でも多くの慰謝料が増額されています。保険会社にだけ頼らず、法律の専門家の助けは、とても心強い味方となります。
 

当事務所では、後遺症に関することはもちろん、病院のご紹介や交通事故に強い弁護士のご紹介など様々な面からサポートさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com