熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

歩行者が交通事故にあった場合に使える保険について

運転中でない事故でも自動車保険が支払われる~人身傷害保険~

ご存知でしたか?自動車保険のなかでも、運転中の事故でなくともカバーしてくれる商品があったのを・・!!
 
それは、人身傷害保険という商品です。この保険に加入すると、歩行中や自転車での事故の場合でも保険金が払われる場合があります(保険会社、契約内容にもよります)。
今回は「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違うのか?をお話ししていきましょう。
 
「人身傷害保険」は自分自身の過失の有無に関わらず、怪我や死亡による損害を保険金額内で受けることができます。この商品は自分や家族が自分の車のみならず、他の車に乗っている時や、歩行中の事故などでも補償をしてくれる保険商品です。
特徴を簡単にまとめると、
1.示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取れる。
2.実際にかかった損害額(治療費以外も対象)を補償してもらえる。
3.歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償。
4.単独事故も補償。
場合によっては保険会社が病院へ直接連絡を入れてくれるため、契約者は手続きの面倒くささや、受診・治療の費用も自分で支払うこともありません。
また、歩行中でも補償してくれる『契約車両に乗車中以外も補償』するタイプに加入すると、
歩行中や自転車に乗っている時でも、自動車との事故であると補償の対象となります。
保険金の支払いは、契約した保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる「実損払い」となります。
 
「搭乗者傷害保険」は自動車保険専用の傷害保険商品です。保険に加入している車に乗っている「搭乗者」が交通事故で怪我をするとか、死亡した場合にその過失に関係なく補償される保険です。
補償対象者は、運転者はもちろん、搭乗者全員が対象となります。よくみなさん「搭乗者」つまり助手席の方だけが対象と勘違いされますが、運転手にも支払われます。保険金の支払いは、契約した保険金額を限度に、一定額の保険金が支払われる「定額払い」となります。後遺障害が残った場合、また別途支払われます。14級で40万のことが多いです。
 
 
保険金の支払いは「定額払い」より「実損払い」の方がメリットはあるでしょう。保険加入の予算に余裕があるときには、人身傷害保険は是非加入しておきたい保険商品と言えます。
 
このように、後遺障害に対する補償をする保険は様々です。お手元の保険証書を見て、よく確認されるべきでしょう。
また後遺障害の補償の程度は、後遺障害等級に応じます。等級認定が大変重要となります。当事務所にぜひご相談ください。
 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com