熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

障害年金について

介護料の支給について

ファミリーバイク特約について

一番よい車の保険とは何か?

健康保険について

休業損害について

 

 

障害年金について

障害年金について

介護料の支給について

介護料の支給について詳しく説明します。介護料の支給対象である、サービス、介護用品、被害者について説明します。さらに支給制限、生活資金貸付についても説明します。

ファミリーバイク特約について

ファミリーバイク特約をご存知でしょうか? 日頃から125cc以下の原付や50cc以下の3輪以上の自動車を利用する機会がある方ですと、このファミリーバイク特約をつけることで、被保険者が事故にあった場合、保険金を受け取ることが出来る制度です。

一番よい車の保険とは何か?

一番よい車の保険とは何か?

健康保険について

もし不慮の事故に遭い体に怪我を負ってしまった場合、病院へかかるのはもちろんですが、この時、治療費の支払いについてどのように保険を使うべきかお悩みの方が多くいらっしゃいます。 相手に完全なる過失があり、治療費をすべて負担して貰えるようなケースであれば心配ありませんが、過失の割合が20:80などの自己負担がある場合には注意が必要となりますのでここで確認していきましょう。

休業損害について

不慮の事故で入院や通院を余儀なくされてしまった場合、負ってしまった怪我が原因で仕事が出来なくなってしまった期間の収入について「休業損害」の請求を行うことができます。

生命保険にご加入で後遺障害が認定された場合の主な支払額

後遺障害が認定された場合、車の保険とは別に、生命保険や共済に加入していた場合、別途保険金が支払われます。これは請求しないとでないものですので、普段の保険の内容などを必ず確認しましょう。当事務所のお客様では、2300万別途に支払われた方もいらっしゃいます。

「自損事故で後遺障害が認定された場合の主な支払額」

自損事故でも後遺障害が認定された場合は、同様に保険金が支払われます。認定された場合の主な支払額についてまとめました。

搭乗者傷害保険の支払額

万一の自動車事故の際に、保険を契約している自動車に乗っていた人のケガ・死亡してしまった時に補償をしてくれる保険、それが「搭乗者傷害保険」です。 同じく保険契約車両に搭乗していた人の障害に対して支払われる「人身傷害保険」に対する上乗せ補償として付帯させるケースの多い保険ですね。

後遺障害が認定されても生命保険に入れるの?

交通事故で後遺症が認定されてしまったら生命保険に入れないのでは?とご心配される方が多くいらっしゃいます。 しかし、認定されたからといって加入できなくなるわけではありません。 保険契約の基準は保険会社によって異なりますので、あくまで一般論としてお考え下さい。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com