熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

妊娠中に交通事故にあった。一度非該当になったが当事務所に依頼して14級に。(アンケートあり)

【経緯】

事前認定で非該当になってから当事務所へのご依頼でした。

【症状】

 

「頚部、肩、背部、右上肢の痛み、右手のしびれ」

 

【問題点】

この案件は、被害者の方と医師(病院)との関係がうまくいっておらず、まずその関係修復からの仕事でした。

【立証】

当事務所が医師に面談にいき、経緯と今後の後遺障害の立証について説明したところ協力が得られて、意見書の作成をしていただきました。

また日常生活報告書を密に作り上げました。参考までに一部抜粋します。

_________________________

 

「首、肩、背中、右腕、右手の痛み」「右手のしびれ」「耳鳴り」「頭痛」があげられ、日常生活で「右手のしびれが強いため、物をつかみそこねたり、落としたりしていまいます。できるだけ意識してしっかりつかむようにしています」「疲れやすく長く立っていられないため、休みながら家事をこなしています。そのため時間が多くかかってしまします」「耳なりがひどく吐き気をもよおしたり、イライラしてしまいます」「車の運転をしたところ、同じ姿勢のままでいるのがつらく、上半身全体が痛みました。右手のしびれもあり、安全のため、それ以降は車の運転を見合わせています」

___________________________

また治療内容、症状固定後の通院状況などを元に意見書を作成。

【結果】

おかげさまで14級となりました。

アンケート

 

 (2013年8月)

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com