熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

まさかの半月板損傷で12級獲得! 

【経緯】

弊所にご依頼中の方からのご紹介。58歳主婦。車と車の追突。

【症状】

半月板損傷後、左半身のしびれ。

【問題点】

レントゲン上骨の変形なし。

【立証のポイント】

MRIを撮影したところ、現在も膝の半月板に損傷があることがわかった。これを材料とし、可動域も再度測定して異議申立てを行った。

【結果】

局部に頑固な神経症状を残すもの、として12級が認定された。可動域制限は認められなかった。

骨折ではなく、半月板損傷で等級が認定されることは珍しく、満足いく結果だった。

自賠責から221万が振り込まれた。

【以下アンケート】

アンケート

 

初めての事故で何もわからないまま、保険会社にすべて任せる予定でした。

偶然、知人に山下交通事故行政書士さんを紹介して頂きました。

何もかも全てお任せして、安心いたしました。

そして結果、予想以上の12級の後遺障害診断と判断していただき、

山下行政書士さんに感謝致します。

今後、もし事故にあった知人がいたら是非紹介したいと思っております。

 

 山下コメント

ありがとうございます!

(2013年8月)

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com