自転車事故

 

 
 
 
 
 

あなたの自転車運転、ほんとうに大丈夫ですか?

 2013年6月に「改正道路交通法」が成立し、自転車の悪質運転者に対する講習の義務化などの規程が整備され、早ければ今年度中に施行される予定です。

2015年までに自転車の交通ルールが変わります!あなたの自転車運転ほんとうに大丈夫ですか?

これらは全て違反行為です!

◯イヤホンをつけて走行する(5万円以下の罰金)

◯携帯・スマホを操作しながらの運転(5万円以下の罰金)

◯アーケードの通行(3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金)

◯並んで走行する(2万円以下の罰金または科料)

 

2015年までに不自転車の交通ルールがこう変わります

□路側帯通行は道路左側に限定(3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金)

□ブレーキを装備してない、整備不良の自転車は運転禁止(5万円以下の罰金)

□悪質運転者に対する講習の義務化(受講命令違反は5万円以下の罰金)

 

自転車事故の被害者・加害者になってしまったら

 自転車事故の被害者になってしまったら

自転車は自賠法にいう自動車に含まれないため、被害者は加害者である自転車運転手の過失を立証しなければなりません。また怪我をして治療を続けたけれども後遺症が残ってしまった場合は、自分の、または自分の同居の家族の「車の任意保険」を確認し、人身傷害保険がついている場合、医師と相談して後遺障害別等級の申請をご自分の任意保険にすることになります。

自転車事故の加害者になってしまったら、、、

交通法では自転車も軽車両に該当します。自転車の事故でも交通事故です。

警察へ必ず届け出をして下さい。対自動車との事故は車両相互事故。対歩行者との事故は人対車両事故として扱われます。

近年は小中高生が加害者となってしまう事故が多発しています。

平成20年9月当時11歳だった少年が帰宅途中、ライトを点灯しマウンテンバイクで坂を下っていたが、知人と散歩していた女性に気づかず、正面衝突。女性は突き飛ばされる形で転倒し、頭を強打。女性は4年以上が過ぎた今も寝たきりの状態(少年の母親に損害賠償額9500万円の支払い命令) 

一歩間違えれば、お子様や貴方自身も簡単に加害者になってしまうかもしれません

最近では加害者向けの自転車保険が多数販売されています

自転車事故にどう備える?紛争解決の手段は?

 「点検整備済みTSマーク」

TSマークとは道路交通法の規定に沿った安全な普通自転車であることの印です。

自転車を購入したときや、点検・整備を受けた時に点検・整備料を支払って貼ってもらうことが出来ます。

青色と赤色の2種類があり、マークによって付帯保険の補償額が異なります。

自転車保険」に加入する

最近はセブン-イレブンで加入できる「自転車向け保険」など、手軽に加入できる保険が販売されています。

補償内容のなかには、示談交渉サービスなども付帯されているものもあり、万が一事故を起こしたり、怪我をされた時にも十分そなえられます。お手頃な金額設定ですので、加入されることをおすすめします!

 紛争解決の手段は?

事故の加害者が不誠実な態度を取る場合は、損害賠償請求書は内容証明をご利用されることをおすすめします。

また、自動車保険、長期総合保険、住宅総合保険等に「傷害保険」が付加されている場合がありますので、加入されている全ての保険を確認して下さい。保険の内容によっては「弁護士特約」が付いていることもあり、その場合は法律の専門家に依頼をされても、負担をいただくことはほとんどございません。

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com