熊本の交通事故後遺障害(後遺症)専門!ムチ打ちや高次脳機能障害、可動域制限など後遺障害が残ったのに保険会社から治療打ち切りの通告、関節の可動域制限、申請したが非該当、などでお困りの方ぜひご相談ください。異議申立ても経験豊富。山下交通事故行政書士事務所。帯山オフィス。年中無休・問い合わせフリーダイヤル

 

 
 
 
 
 

 一番よい車の保険とは何か?

交通事故の相談を多々受けてきて、いつも感じるのはやはり保険の充実に優るセーフティネットはないということです。

例えば事故で過失割合が7:3などで争われているときも、自分の任意保険に人身傷害補償特約がついていれば、自分の過失の部分については、自分の任意保険より払われます。

つまりさほど相手とあーだこーだ、裁判までやって、場合によってはお互い嘘をついてまで過失割合を争わなくても(まぁ気持ちは別として)金額については損がでないことになります。

 

また弁護士特約もついているかいないかで大きく違います。後遺障害の等級が高いと、絶対といっていいほど、弁護士をいれたほうが、数百万、数千万の賠償金額の違いがでてきます。

弁護士特約がついていなければとんでもない額の弁護士報酬となりますが、ついていれば全く手出しが発生しません。

 

まとめますと、車の保険でチェックしていただきたいのは最低2つ

 

人身傷害補償特約弁護士特約、です。

 

必ず入られることをおすすめします。

 

 交通事故でもらえる生命保険・共済について

 

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com