車の当て逃げの対処法について

 

 
 
 
 
 

交通事故で当て逃げされた時の対処法!

日常生活でふとしたきっかけで、事故に遭うことは十分考えられます。
どんな気をつけていても事故に巻き込まれてしまう可能性はゼロではありません。

 

また、事故に巻き込まれてしまった際に
場合によっては、加害者が逃げてしまうケースも発生します。
その際に重要なのが素早い対応と相手の特定です

 

特に、相手のナンバーを覚えておくことはとても重要です。
当て逃げの場合、その場で加害者と交渉することは不可能ですが、
相手のナンバーさえ覚えておけば、逃げられたとしても対処が可能になります

 

もし、ナンバー等の情報が全くない場合、相手を特定することは困難であり、
多くの場合、加害者が見つからず、泣き寝入りすることになってしまいます・・・

 

加害者と修理費用等について交渉、請求をするためにもこの作業はとても重要になります。
できれば、ナンバーを忘れないようにメモ帳に保存、写メで撮影し控えをとっておくと良いでしょう。

 

ナンバーの他にも
  車の色
  軽自動車、乗用車等の車のタイプ
  運転手の性別

などの情報がわかると加害者の特定につながります。

 

また、警察に相談する時に備えて、
当て逃げ時の状況を整理することも必要です。

例えば、運転中だったのか、停車中だったの、事故の発生場所はどこなのか。

他の車の状況はどうだったのか、等の状況を整理しておくと警察や保険会社に相談する際にスムーズに事が進みます。

 

事故発生後は、動揺してしまい冷静な対応ができなくなりがちですが、
相手の情報や事故等の詳細を把握することで、適切な補償を得ることができます。

その他に、事故の目撃者を探す事も良い方法の一つです。
第三者の情報は、客観的証拠になるためとても参考になるものです。
 

当て逃げの場合、相手を特定することができなければ修理費用などを自ら支払わなければなりません。
任意保険も利用可能ですが。等級が下がってしまったり、その他精神的な面も含めてさまざまな損害を受ける可能性があります。
そうならない為にも、適切且つ迅速な対応が必要になります。

当事務所では、交通事故をはじめ当て逃げ等の相談をお待ちしております。
(※初回は相談無料)
もし、当て逃げ等で不明な点がありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

各種許認可サイトはこちら

車庫・名義変更専門サイトはこちら

建設業・会社設立専門サイトはこちら

電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:info@yonetsubo-k.com